男性のプライドをくすぐるような服装を心がけよう!

美人は3日で飽きるといいます。でもそれは美人でない方が良いという意味ではありません。 これはちょっとした言葉のあやで、外見的な美しさだけで内面的なものが伴っていないといくら美人でもすぐに飽き飽きしてしまうということです。 とても美人だったとしても、マナーや言葉遣いがなってなければダメなわけです。 でも男性の本音は美人とつきたいと思っています。綺麗な人大好きです。クリスマスだからいつも以上にファッションに気合いが入る。大いに結構です。 綺麗にしている彼女を嫌だと思う男性はいません。 男性はプライドの高い生き物。自分の彼女が綺麗だったら自分のプライドも大いに満たされます。 街中を喜んで一緒に歩きたいと思う服装をしましょう。 あまりにセクシーすぎたり派手すぎると場になじめずに、逆に彼に恥ずかしい思いをさせてしまう可能性もあります。 さりげない美人オーラのある上品なコーディネイトで決めたいところです。

王道だけど、やりすぎないギャップはやっぱり大事!

個人差はあれどやっぱり、ギャップにグッときてしまう男性は多いもの。とはあまりにもセクシー過ぎる露出や、年齢にふさわしくないぷりぷり感はちょっと引いてしまいます。季節感のない露出が多すぎる格好や、デート先にふさわしくない格好は彼を喜ばせるどころか困らせてしまうこともあるので、ほどほどにしましょう。
他には、下着とかで遊び心を出すのも良いでしょう。これなら気温やデートコースに左右されないのでギャップを演出しやすい部分でもあります。